loading... cocktailmake

「動画」×「IT」

私たちは企業と顧客のWebコミュニケーションを
「動画」で円滑にし、世界中のユーザーの行動を最大化させる
コンテンツやツールを提供します。

7,000本以上作ってきた制作会社だからできる
新しい常識になる動画サービスをつくる

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
私たちはインターネット動画黎明期から累計7,000本以上のコンテンツ制作に携わってきました。
その過程の中で「もっと〇〇だったらいいのに…」を形にしてきたものが、今の事業です。

例えば制作業務。クライアントワークにおいて、最も労力がかかるものの一つは、実際の制作ではなく、クライアント、ディレクター、クリエイター間の認識やイメージを合わせることです。ここがズレると必要以上の修正対応が増えたり、クライアントにとって欲しいものができません。クリエイティブ業界は、こういった一つ一つの習慣や固定観念が積み重なってしまっている業界の一つです。便利なツールや通信環境が整っても、クリエイターの残業時間が減らないのは、このような不要なコミュニケーションコストや非効率な作業が残ってしまっているからだと思います。

私たちは、そんなクリエイティブの問題を一つ一つITの力で解決していきたいと思っています。市場の発展、通信環境の進化に伴い、これからも動画を「つくる人」「つかう人」はどんどん増えると思います。そんな時に、双方に一番寄り添える会社になれますように。そんな未来を願ってやみません。

CEO Profile

代表取締役

松尾 幸治

1989年佐賀県生まれ、横浜市立大学卒。2011年、社長.tv(ティービー)を運営する(株)ディーノシステムに参画。営業、マーケティング、動画制作等広く担当し、23歳で同社最年少取締役に就任。2年で全国約6,000社の新規開拓と動画制作に携わる。2014年に退職後、カクテルメイク株式会社を設立。お酒とロックンロールが大好きです。

Our Spirits

スピリッツはお酒の世界では蒸留酒のことを指す。
広義でいえば、ウイスキーやブランデー、焼酎などもスピリッツとなる。
魂がこもったお酒は、国境や時代を超えて愛され続ける。

そんな会社になるために、
私たちは3つのスピリッツを大事にする。

Be a Bartender

私たちはプロの仕事をする。
一流バーテンダーのような存在であれ。

Make Cocktails

チームの力はすごい。
最高のカクテルは、掛け算しか生まれない。

All For Happiness

すべては幸せのために。
社会が、周囲が、そして自分が、幸せになるように動き続ける。

Corporate Profile

会社名
カクテルメイク株式会社(Cocktail Make,Inc)
設立日
2014年10月14日
資本金
1,000万円
所在地
【東京本社】
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-21-10 セントラル富ヶ谷ビル7F
【FUKUOKA CREATIVE HUB】
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東
1-12-6 花村ビル7F
事業内容
動画制作事業
インターネット動画配信事業
FUKUOKA CREATIVE HUB の運営
代表者
代表取締役 松尾幸治

東京本社

FUKUOKA CREATIVE HUB

東京本社

FUKUOKA CREATIVE HUB

Corporate Identity

カクテルグラスは無限の象徴

カクテルは組み合わせによって無数の種類があります。そして日々新しいカクテルが生み出されています。
弊社ではそんなカクテルの無限性に着目し、コーポレートアイデンティティとして打ち出しました。
そしてグラスの中にはカラフルな○□△が注がれています。○□△という記号は全ての形の根本です。
それらを組み合わせることで「作れないものはない」というメッセージは発信しています。
キャラクターとしても展開、多様性のあるシンボルとなっています。

光の三原色をベースにした配色

光の三原色はR(Red)、G(Green)、B(Blue)のことを指します。
三色の色を加えると白になります。この3つの色を使うと、ほぼすべての色が再現できます。
COCKTAIL MAKE のVI(ヴィジュアルアイデンティティ)ではそんなRGBをベースにしつつ、
見る人の目に馴染む様彩度を調整。かつ「どんな色もつくることができる」という
柔軟な精神のコンセプトを秘めています。